京都水彩画塾ではオンライン講座と題して「オンラインレッスン」と「オンラインワークショップ」をご用意しています。

アトリエに設置した高精度カメラ4台(俯瞰、講師対面、教室全体、PC画面)を切り替えながら「わへい流水彩画」の組み立てを学んで頂きます。野外スケッチの現場で通用するプロの技法や色彩理論、道具についてなども描きながら解説します。教室での授業とは違った環境で詳細に学んで頂けます。



ZOOMによるオンライン環境について このような環境があると理想的です!


第二カメラとアームスタンドの設置

 

絵を描く机にパソコンを置きます。パソコンのカメラはご自身を、第二カメラは頭上から画用紙を写せるようにします。これで2点撮影が可能です。

 頭上カメラはスマホアームスタンド(写真左)に付けます。カメラは出来れば500万画素は欲しい所です。


アトリエのスタジオ全景

 

大きな絵も小さな絵も描けるデスクがそれぞれありますので、適時カメラを切り替えながらオンラインで講座の模様をお伝えします。高解像度カメラなのでくっきりとした映像を配信します。また照明も10灯ありますので明るい映像で講義が可能です。


メインスタジオ

 

メインのスタジオには大型のホワイトボードも設置していますので、教室と同様のスタイルで講義も出来ます。パソコン画面にも切り替えながら授業を進めます。


講師モード

 

こんな感じで受講生の皆さんと会話しながら進めます。テロップなども投影しながらよりわかりやすい授業が出来ます。

いろいろと質問もして下さい!↓


講師実演

 

スタジオの頭上カメラからの映像はこんな感じです。もっと拡大してご希望の箇所も撮影できます。筆使いや各種技法なども詳細にご覧頂けます。


講義画面

 

こちらが実際の講義画面です。写真左は受講生、右はぼくの手元です。このように受講生の方で頭上カメラがあると手元が見えますので、ピンポイントで指導することが出来ます。これは教室にはない環境です。


オンライン授業環境について

スムーズに学習を行うため下記を遵守下さい。

 オンライン授業、オンラインワークショップにご参加の方はご一読願います。

●機材環境

 ・PCで参加頂ける方(スマホ不可)。

 ・Wi-Fi環境のある方。

 ・Zoomの基本的な操作ができる方。

 ・チャットができる方。

 ・手元を写す第二カメラを設置できる方。

 

●お願い

 ・開始10分前に入室(時間厳守)。

 ・ビデオ、音声共にオンで参加。

 ・録音録画、途中退席は禁止。

 

●その他

 ・緊急連絡用に手元にスマホをお持ち下さい。

 ・明るい照明(デスクライト等)をご用意下さい。

 ・資料や講習にまつわるデータの流用は禁止。


カメラの精度差

 

カメラの画素数が低いと写真右のように鉛筆の線が見えません。500万画素以上のWEBカメラが理想です。ロジクール WEBカメラ C920nやエレコム WEBカメラ UCAM-C750FBBK以上がおすすめです。価格は5〜6000円位。


デスクまわり

 

こちらは塾生さんの自宅環境です。ノートパソコンの横にデスク。頭上カメラはスタンドアームで。照明はLEDライト。このくらいの環境があればいいですね。